未分類

トランぺッター木野下としてのプロフィール

トランぺッター木野下としてのプロフィール

最近はすっかりトランペットも音沙汰無しです。
全く触りもしません。これじゃいかんと(ナニががいかんのだか)ボチボチ再開しようと思います。
もちろん、趣味の範囲で楽しくあくまでボチボチペースでね。

Hideki
といっても、時のたつのは早いもので現在は還暦過ぎて61歳!?思えばジジイになったもんだ。

確か、プロ最後のステージが42歳の時だったと思う。
最近ステージ・ライブで吹いた最後が2013年だから6年もブランクあり!?

2013年頃のライブ(天神)

2013年頃のライブ(天神)

プロで飯食っていた当時からロクなラッパ吹きじゃなくいろんな方々に迷惑かけました。要はヘタクソ!ってやつだね。
それでも良き仲間や仕事に恵まれ楽しい20年間でした。トランぺッターとして感謝です。
福岡移住してきてからは心機一転、1年以上は死に物狂いで練習とライブに明け暮れた時期もありましたが、完全に空回り。

一言本音を言えば、自分自身の才能に嫌気がさしたんですね、とことん。
絶望したわけです。こんなに頑張って1日の大半をラッパ吹くのにつぎ込みステージを重ねてもダメなんだと。

楽器も色々と工夫を凝らし改造したりオリジナルなものにしたりしてたんだけどね。

楽器も色々と工夫を凝らし改造したりオリジナルなものにしたりしてたんだけどね。

直ぐ、サジを投げたわけじゃなく、1年以上はトライしてみたんです。(いちおう言い訳)

Hideki
どんだけ俺ってへたくそなのよ

すっかり夢も希望も(ラッパに関して)失せてほとんど触らず6年が経過してしまいました。
そんな私が、少しは人前で吹けるように、少しづつリハビリしていこうとふと思い立ったわけです。
理由は、還暦60過ぎたからかな?

このままだと、確実にトランペットの功績(大げさだか)0%のまま棺桶に入ることに成る。
そいて間違いなく死ぬ間際はそのことを後悔することになる。

なら、ボチボチでも好きに納得できる範囲でプープー吹いてみようと。

トランぺッター木野下としてのプロフィール(特筆ナシ、短いよ)

前置きが長くなりました。特筆すべき事柄や自慢大会のネタは一切ありません。
こんな私でも20年以上ラッパで飯が食えてたのですからこれからプロを夢見てトランペットを演奏しているあなたの励みには大いになるはずです。

1958 北海道函館市生まれ

1965 東京へ民族大移動高校1年のとき潰れかけた10名編成にも満たない、チンドン屋さんのようなブラスバンドで生まれて初めてトランペットを手にする。完全自己流でメタくちゃな吹き方でした。

1976 陸上自衛隊富士学音楽隊入隊:2年で主席トランペット奏者。
在隊中から福原彰氏にJazz奏法を学ぶ。5年で辞める。憧れの娑婆のバンド業界へ。

1981 TV歌番組バック演奏、数々のタレントサポート、レコーディング、ミュージカル、ライブハウス、各地劇場公演演奏等プロ活動。 ダン池田とニューブリード、スウィングフェイス、ブルーコ
ーツ他数々のビッグバンドに在籍。
1989 テーマパーク/スペースワールド専属バンドに参加。バンドマスター兼リードトランペット 。

若かったなぁこのころ。

若かったなぁこのころ。

1991 東京ディズニーランド/アドベンチャーブラス。翌年、トゥモローランドブラス。
1996 和歌山マリーナシティ/バンドマスター、リードトランペット、MC、アレンジ。バンド運営マネージメント。
この6~7年に及ぶテーマパークの野外演奏で、調子こいてデカい音で吹き過ぎた悪影響がたたり、どうやら口を壊したようです。和歌山から東京へ帰りましたが私の居場所はなく、現役に終止符を打つことに成りました。

2000  サラリーマンを8年程やります。
2008 福岡移住    Live活動。自己Band結成。即解散。
2012  本格的に活動を再開。自己Band結成。即解散。活動停止中

Live

Live

天神でLive

天神でLive

 

現役より20年のブランクを機に、還暦を超えあえての奏法やメンタルなアプローチを改めて取り組もうとしています。まぁ、趣味だからできるようなものです。
詳細はブログで紹介いたします。

マリーナシティの頃

マリーナシティの頃

社会人ビッグバンドで

社会人ビッグバンドで

直腸がんスタイル|プロローグ

柴犬と生きるということ

関連記事

  1. インチキ陰謀論者たち 掟(おきて)と社会的制裁

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

管理人きのじー

管理人Hideki

PAGE TOP