直腸がん後遺症

ストーマ閉鎖後の後遺症記録「便秘解消2日目は極小便」

ストーマ閉鎖後の後遺症記録「便秘解消2日目は極小便」
※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

直腸癌の肛門温存手術・一時ストーマ閉鎖後の後遺症である排泄障害の記録を毎日更新中。

昨日は排便1回漏らし無し、極小1本、便秘解消2日目はお話にならない排便量でした。

このところの便秘明けは丸4日ぶりでどうも、こういったルーティンのようだ。

もう3回目同じパターンなので正直慣れたし、極小便でもびくともしない感じ。

胸周辺の痛み発作の服薬治療は73日目。

午前中、動く度に発作発生レベル5〜7ぐらい。
長引かず直ぐ治まる状況。胸痛、左肩痛、苦しい。


全国の直腸癌一時ストーマ閉鎖手術後の「排泄障害」に悩まされている皆さま、大変お疲れ様です!

こんにちは管理人きのじーです。直腸癌手術後5年経過した現在でも、一時ストーマ閉鎖後から後遺症である「排泄(排便)障害」に日々悩まされています。当ブログでは、トイレ回数や気になる症状、食生活、生活様式など毎日更新していきます。

昨日の記事、ストーマ閉鎖後の後遺症記録「3巡目の便秘丸4日ぶり解消」
に続き、今日のストーマ閉鎖後の後遺症記録は「便秘解消2日目は極小便」について話します。。

 

毎日報告:トイレ事情と食事編

▶昨日は排便1回漏らし無し。
▶食事は、自宅で冷やし中華(菊水)、自家製マーボ豆腐定食。

 

今回の記事内容

  • 昨日はトイレ(排便)1回漏らし無し|ちょびっとしか排便出ない
  • 本日の関連記事の紹介。

このブログが排泄(排便)障害の悩みを共有し、少しでもお役立てできれば幸いです。

本日はトイレ報告のみとなります。

「スポンサードリンク」

昨日はトイレ(排便)1回漏らし無し|ちょびっとしか排便出ない

昨日はトイレ(排便)1回漏らし無し|ちょびっとしか排便出ない

昨日はトイレ(排便)1回漏らし無し|ちょびっとしか排便出ない

昨日5月25日はトイレ排便1回漏らし無し。
一昨日も丸4日分溜まり切った便が出切った感は無かったが、昨日も極小しか出なかった。

時間帯 (6~12時) (12~18時) (18~24時) 深夜~早朝(24~06時)
回数 1 1
概要
漏らし回数 0
漏らしてない連続日数 5日目

トイレ通い詳細メモ

前回最終トイレから23.5時間ぶり。

今回連続3回目であるが、便秘明けの強烈なしっぺ返し「超硬便~下痢」みたいな反動は今のところ感じない。

カッコ内はトイレ軟禁時間=(7分)

1:00(7分)
極小1本、お話にならない排便量。
◉同時に若干胸苦しく発作兆候あり。

排便=1回:漏らし=0回:漏らしてない連続日数=5

お腹の張りの後遺症は若干あり。

長期便秘(丸4日)が3度目。
毎回溜まった便が出切っていない為、その都度便が腸内に蓄積してきている気がします。

かといって、スッキリしないまでの感覚も無い。
普通に快適に過ごせています。

今は心筋梗塞発作のウェイトの方が精神的に大きいですね。

 

そんなにイキんで排泄したわけでも無かったが、併発して発作が起こりました。

本日は以上になります。

<My直腸がんライフ|排泄障害は辛いよ(動画更新中)>

私のYouTubeチャンネルもよろしくです!↓

YouTubeチャンネル・きのじーパパの日常

YouTubeチャンネル・きのじーパパの日常


※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています
スポンサードリンク

心筋梗塞発作服薬治療69日目 軽い発作が排便と併発し発生

心筋梗塞発作服薬治療70日目 軽い発作が午前中発生

関連記事

  1. 心臓専門医の診断「冠動脈が詰まっている=手術(経皮的冠動脈形成術PCT)決定!」 心臓専門医の診断「冠動脈が詰まっている=手術(経皮的冠動脈形成術…
  2. 直腸がんストーマ閉鎖後の排泄障害記録|2~3日おきに漏らす 直腸がんストーマ閉鎖後の排泄障害記録|2~3日おきに漏らす
  3. 造影剤CTから腸の調子がおかしい「トイレ排便7回ジワ全漏らし若干回復傾向」 造影剤CTから腸の調子がおかしい「トイレ排便6回ジワ全漏らし若干…
  4. 退院後の経過 検査・評価 ガンはどこへいった??
  5. セカンドオピニオン申込み
  6. ストーマ閉鎖後の後遺症記録「珍しくそこそこ便量出たよ」 ストーマ閉鎖後の後遺症記録「珍しくそこそこ便量出たよ」
  7. 直腸がんストーマ閉鎖後の記録|昨日は排便無し 直腸がんストーマ閉鎖後の記録|昨日は排便無し(肛門メンテナンス?…
  8. ストーマ閉鎖後の後遺症記録「13時間ぶり排便4回漏れなし」 ストーマ閉鎖後の後遺症記録「13時間ぶり排便4回漏れなし」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。